STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブルネイ・ダラッサラーム国
国の広さは千葉県とほぼ同じ。その殆どは熱帯雨林の森林に覆われている。故に人口は30万人程度と少ない。(国土が淡路島程度しかないシンガポールの10分の1の人口だ)

ガス・オイルによるマネーで成り立っている国である。最近、伊藤忠が三菱ガス化学とブルネイ国に合弁会社を設立し、年産85万トンの約4億米ドルのメタノール事業を行う予定だと報道があったが、それ以外の工業は皆無と言ってよい。ちなみに、日本企業ではLNG事業で三菱商事、建設業で飛島建設、発電所建設で丸紅がブルネイにて活躍している。

王国であるので王様が絶対的な力を持っている。昨日61歳の誕生日を迎えて街中は歓迎モードである。東南アジア独特の緑・赤・黄色等の電気で夜はピカピカである。

金持ち過ぎて感覚がおかしい部分も否めない。米国のディズニーランドを訪問した際に1日貸切をディズニーに申し出たが”ディズニーランドはみんなのものであり、王様といえども貸切は無理”との回答に頭にきて自分の国に入場料無料の巨大遊園地(ジュルドンパーク:既に昨年全てのファシリティーが撤去された)を建設したり、そのテーマパークに毎年有名人(マライアキャリー、マイケルジャクソン、ホイットニーヒューストン等)を招待して相当なキャッシュを持たせて帰らせたり。。。王様の武勇伝は後を絶たない。

王様の兄弟であるジェフリ・ボルキア王子も負けておらず、5ツ星ホテル(世界に2つしかない7ツ星ホテルの1つとも数えられる)1998年7月に倒産したアメデオ社の元で建設されたホテルだ。採算を全く考えずに建設された超豪華ホテルが故に、訪れた人を全てを虜にする。(URL:http://www.theempirehotel.com/) 何と言っても凄いのはメインロビーは殆どがガラス張りである。中型地震が起きれば間違えなく一発でアウトの建造物である。

ホテル完成当時に大蔵大臣だったジェフリ王子は、無駄遣いが過ぎて国外追放となってしまい今は行方をくらましている。


ふと思った。何故この世の中でオイル・ガスにて儲けている国はイスラム圏が多いのだろうか。。。彼らはオイル・ガスの可能性をかなりの昔から知っていたのだろうか?


メイン・ロビーが入っているビルの外観



メイン・ロビーの天井

スポンサーサイト
プレッシャー管理のセオリー
海外で活躍する同年代の人は、僕にとっても非常に励みとなる。つい最近うれしかったニュースはシアトル・マリナーズのイチロー選手がオールスター戦でMVPを取った事、及び彼が生涯マリナーズ宣言をした事だ。

イチローの活躍で思い出した。数年前に心理ストラジストでNHKテレビにも出ていた高杉尚孝氏が言っていた言葉を思い出した。

仕事で成果を出せずに真面目なサラリーマンが潰れて精神的に不安定となる傾向が日本では多く、それを如何に管理するかの講義を受けた際の出来事だ。

上記のセオリーを日本人メジャーリーがに例えて言っていた。

高杉先生いわく、イチローは自分に非常に強いプレッシャーをかけて成長するタイプであり、一方で、松井(秀)は義務の発生しないターゲットを作りプレッシャーを感じずにリラックスした状況下で成長していくタイプだと。

確かに、イチローは常に厳しく自分を評価する。目標を掲げるときも目標となる数値を確りと持ってそれに向かいひたすらやり続ける。一方で松井は”~出来たら良いなぁ”とか”~したい”とか願望的な目標であり、イチローの様に”こうあるべき”な発言は無いという。確かにこれは納得できる。

前者(イチロー)の様なアプローチは会社の中で成果を出せずに潰れてしまう人間が多いらしく、後者(松井)のスタンスで仕事に取り組んでいれば、仕事で成果を出せなかったり、失敗してもメンタルコントロールが容易であり、潰れたり精神不安定となる事は軽減できるそうだ。

正直、自分にプレッシャーを掛けながら生きている、どちらかと言えば”M系”の自分にとっては共感できない部分もあった。

但し、イチローがスペシャルな存在である事には変わりない。確かにかなりのプレッシャーを自分自身にかけながら継続的に成果をあげる事が出来る人間は比率的にも少ない。又、結果が思う様に出来なかったら煙に巻いて誤魔化してプレッシャーからリリースされる人も多くみる。格好が良いものではない。

詳しくは、高杉氏の書いたこの本を見ると分かる。仕事への取り組み方が多少変るかもしれない。(先週読み直したが1時間掛からなかった)


実践・プレッシャー管理のセオリー ~ビジネスパーソン必修 メンタル・タフネス強化のセルフ・コーチング術 実践・プレッシャー管理のセオリー ~ビジネスパーソン必修 メンタル・タフネス強化のセルフ・コーチング術
高杉 尚孝 (2004/02/26)
NHK出版

この商品の詳細を見る
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。