STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
アジアでNo.1の足マッサージ
入社当時から出張時に朝早く起きて散歩するのが好きだった。散歩しながら現地の人が沢山居る飯屋を探すのも好きになった。

クアラルンプルでお気に入りはジャラン・インビにある麺屋さん。日本人は絶対に来ない隠れスポットだ。店主には顔を知られており”いつものおねがい”と現地語で注文。なぜか店長と店員から”太ったねぇ”なんて言われた(汗)

07-08-12_002.jpg

07-08-12_001.jpg



朝食を終えて久しぶりにお気に入りの足マッサージに行った。日本も含めて多くの足マッサージを試したが、やはりここが一番。僕的にはアジアいや世界一の足マッサージだ。李ファミリーが何十年も営んでいる店で僕はマレーシア初出張から数えて12年近く通っている。値段も30分で1,200円と安い。

しかし、とにかくツボを心得ているのか”痛・気持ちいい”。店で泣き叫ぶ人用に、壁には”忍”と書かれた紙が張られており、叫ぶとその紙を指差して店員に不気味な笑顔を投げかけられる。

場所はジャラン・ブケビンタンの有名な”スンガイ・ワン(お金の川との意味)”の4階にある。マレーシア通には有名店でお昼過ぎには予約が必要となる。

今日は開店一番乗りだったので貸しきり状態だった。この店で一番の李おじいさんに揉んで貰い、雲の上を歩くような軽い足取りでホテルへと帰った。

07-08-12_003.jpg

07-08-12_004.jpg

スポンサーサイト
家族サービス
会社での仕事を考えずに家族の為にスケジュールを組めるなんて初体験だ。この年になって、このような事が出来るのは幸せ以外の何者でもない。

僕自身、もしくは僕の周りのビジネスマンは仕事の為に旅行がオジャンなった経験は多々ある。家族にハッピーな思いはさせられないわ、旅行代金のキャンセル料は自己負担だわ、良い事無しである。

という事で、かなり思い切ったスケジュールを組んでみた。と言っても渡米前なのでタイト過ぎるスケジュールだ。

人気薄の新潟県を狙った。円安の為か国内旅行は非常に込んでおりキャンセル末のツアーばかり。どうやら宿泊施設が一杯らしい。その中でも新潟県は最近の惨事の為にキャンセルが続出しているらしく上越国際に宿が取れた。先日あった友人の野崎さんの紹介もあってよい宿が取れた。そう言えば、FMでも ここ数ヶ月新潟県観光協会がしきりに新潟へのレジャーを推進していた。

学生時代は数えられない程上越地区でスキーを楽しんだ。大学時代・社会人時代(結婚するまで)は親友と必ず正月は2人で上越に来ていた。そこは雪に覆われた銀世界であった。今回は夏なので緑一色。雪などどこにも見当たらない。普段見慣れている斜面も雪がないとピンと来ない。

おそらく雪解け水が使われているのだと思うがプールの水がとても冷たく、暑い日差しの中でとても気持ちよかった。女性にはこの水の温度は冷たすぎて少々堪えるようだが。。。

Niigata_in_Aug._2007_036.jpg



ドキドキ感がバクバクと音を立て始めている。
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。