STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ベンチャー投資促進へ所得控除 経産省、税制改正を要望
がんばれ日本。自分達の力で景気を良くしましょう。

今の日本景気は他人任せであり、実が何もないと僕は考えているので。。。


QOT

ベンチャー投資促進へ所得控除 経産省、税制改正を要望
8月16日8時0分配信 産経新聞


 経済産業省は15日、ベンチャー企業への投資に対して減税するエンジェル税制を抜本的に改正する平成20年度税制改正要望を行う方針を固めた。現行制度では、投資時点の減税対象を株式譲渡益としているが、所得税から一定額を控除する税額控除制度に変更する。株式市場の動向に左右されずにベンチャー企業に投資できるため、経産省では投資額の大幅な増加が期待できるとみており、ベンチャー企業の活性化を目指す。

 エンジェル税制を利用した投資は平成15年度から急増し始め、17年度には24億7600万円にまで増加したが、18年度は12億8600万円にまで減少した。エンジェル税制では、ベンチャー企業への投資額に応じて、株式譲渡益を相殺できるが、18年度は株式市場が低迷し、減税の対象となる株式譲渡益を得られた人が減少したことが影響したとみられる。

 このため、株式市場の動向に左右されずにベンチャー投資が行われるように、所得税からベンチャー投資に応じて税額控除する方式に変更を求めることにした。これにより、株式投資を行わない人でも必ず減税のメリットが受けられるようになる。

 具体的には、1000万円を上限に投資額の20%までを所得税から控除するよう求める。仮に所得税額150万円の人が500万円をベンチャー企業に投資した場合は、所得税から100万円が控除されるため、所得税の納税額は50万円にまで減額される。

 経産省では所得税額控除方式に変更することで、多くの人に「ベンチャー投資の夢」をもってもらいたい考えだ。ただ、所得税額控除制度に変更すると、減税額が現行の数億円程度から数十億円にまで増加することなどから、財務省との調整が難航することも予想される。

                   ◇

【用語解説】エンジェル税制

 研究者が2人以上いる創業10年未満の中小企業など、一定の条件を満たすベンチャー企業に個人が投資すると投資額に応じて減税される制度。投資時点と投資による損益が確定した時点との両方で株式譲渡益が減税される。米英などでは一般的で英国では2004年度、個人投資家が1400億円の投資を行ったが、日本では平成9年度の制度創設以来、約100社に対して累計で70億円弱の投資が行われたに過ぎない。エンジェル(天使)とは個人投資家を意味する。

UNQOT
スポンサーサイト
パロアルト到着
JL0002便で成田を発った。かみさん、娘、両親に見送られての出発だった。スーツケース5つで計150KGに75リットルの登山バック全てを1人でハンドルした。Unpackして気付いたが重さの原因は勉強する為に買い漁った本。MBA Holderの人からもらった本も含めて計100冊くらいはあった。

さっそく、サンフランシスコ空港の税関でストップがかかった。
”そんなに沢山の荷物を持って何するんだ?”との質問。
”ビジネスの勉強です”と眠い目をこすりながら回答。結局、僕の留学先の大学名を相手が知り、何もチェックせずに通してくれた。ありがたやぁ~。

到着は午前11時。燦燦と輝く太陽と心地よい風。気温は約18度。湿度は70%くらいだろうか?東京の猛暑とは異なり秋を感じさせる天候だ。なんともアメリカ大陸に戻ってきた事を体全体で感じさせてくれる。日本に居て頭の中で思い描いている色々なアイデアや自分としてのゴール・やるべき事が薄らいできそうな危機感を感じた。”初志貫徹”でがんばろうと再度自分に言い聞かせた。


DSC_0020.jpg



DSC_0016.jpg



さて、成田からサンフランシスコに向かう約8時間の飛行中に色々と考えた。今回の留学中にやるべき(習得すべき)が3つに絞られた。


1.日本においてきた カミサンと娘に対する最大限のケア

自分の勝手で留学し、莫大な費用を使う事を合意してくれたカミサン、育ち盛りで父親が必要となるにもかかわらず我慢してくれる娘に感謝すると共に出来る限りのケアを行う。

2.今までの常識にとらわれない視点や思考回路

自分にフレキシビリティを持たせる事は自由度が広がる。そうすれば吸収できる幅も広がる。長期にわたる社会人生活で凝り固まった常識の理念をニュートラルに戻しガンガンと多くの国や企業から来る人達、教授から学ぶ。

3.大学近辺のベンチャー企業、ベンチャーキャピタルとの人脈作り

日本を元気にさせる為にも間違いなく創造性のある事業、他人を寄せ付けない独創性のある事業は必須となる。今現在では明確な絵は描けないが、常にこの心を忘れずに積極的に人脈作りを行い、今後の礎とする。


もちろん、経営大学院での勉強(宿題)はこなすが、せっかくの”地の利”を活かさずに帰国するわけには行かない。

明日の夜はPh.Dの方と食事のアポを入れた。自分のゴール、提案をピッチ(提案)して、彼からガンガンとコメント・アイデアをもらおうと思う。

copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。