STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
本田宗一郎 夢を力に
本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫) 本田宗一郎夢を力に―私の履歴書 (日経ビジネス人文庫)
本田 宗一郎 (2001/07)
日本経済新聞社

この商品の詳細を見る


この本は失われた10年を取り戻す為に、企業経営やビジネスマンの行き方に問われる問題は本田宗一郎さんが経験した際と変わらない、よって、彼が波乱万丈な人生を歩み成功したように、元気の無い日本経済が”夢を力として”海図の見えない今を乗り越えられればとの願いが込められている。

本田宗一郎さんの先見の目はすばらしい。やはりベンチャー企業は思いもよらない事を将来の需要の拡大をシッカリとに睨みながらやっている。しかも、HONDAの思いっきりの良さ、可能性を信じ自分を信じ最後まであきらめずに必ずものすごく高く設定したゴールを達成する根性、何もかもに感銘を受けた。

HONDAが2輪車で成功し4輪乗用車へ進出した際の日本国内での葛藤、F1へ挑戦した際のきめ細かい戦略と自らのポジションの底上げをする為の膨大な投資金額、自動車のみならずロボットや航空機等へのR&D投入等すばらしい。又、本田宗一郎と共にHONDAというベンチャー企業を国際的な企業へと育て上げた経営者(女房役)である藤沢武夫さんとの絶妙な組み合わせも面白い。


本田宗一郎が残した言葉は沢山あるが、僕がとても重みを感じた言葉は以下の通り。

やはり、昔の日本人は素晴らしい。。。

QOT

+++ 退陣の挨拶からの抜粋 +++

ホンダは、夢と若さを持ち、理論と時間とアイデアを尊重する会社だ。とくに若さとは、困難に立ち向かう意欲 枠にとらわれずに 新しい価値を生む知恵であるとおもう。”
(1973年8月)

+++ 私の履歴書からの抜粋 +++

私はずいぶん無鉄砲な生き方をしてきたが、私がやった仕事で本当に成功したものは、全体のわずか1%にすぎないということも言っておきたい。99%は失敗の連続であった。そしてその実を結んだ1%の成功が現在の私である。その失敗の陰に、迷惑をかけた人たちのことを、私は決して忘却しないだろう。

人生というものは、最後まで行かぬと成功だったか失敗だったかはにわかに断じ難いものである。・・・人間の一生も功と罪とで評価すべきで、私の死んでから受ける評価が、ほんとうの「私の履歴書」であろう。



+++”能率の尊重”からの抜粋 +++

能率とは、プライベートの生活をエンジョイする為の時間を駆使する事である、と私は考えている。二宮金次郎のように、山坂路を歩くというような、二重・三重の苦労を忍んだり、朝は早く、夜は遅く、昼食の時間まで惜しんで、働くために働くことを能率なりとする考え方や、生活を楽しむことを罪悪視する戦時中の超克己主義は、能率の何たるかを解しない人の謬見である。


能率は、現代において人間的な生活を営む為の必須条件であって、この能率の要素としては次の三つを挙げる。

1.タイム
2.マネー
3.プライド

である。いかに時間に余裕があっても、金が無ければ生活を楽しむ事は出来ず、またどのように金が有っても、時間に余裕が無ければ生活を楽しむ事は出来ない。

しからば、金と時間とが有れば生活を楽しむ事が出来るのかと言えばそうではない。時間と金だけが能率の条件であるならば、泥棒をしたり、詐欺をしても構わぬはずであるが、これは、人間としての誇りが許さない。正々堂々と正しい方法によって十分な収益をあげ、金と時間とをつくり、税金もなるべく沢山納め、自分は事業を通して国家社会に貢献しているという誇りを得て、初めて能率的であるといえるのである。
(1953年5月)

UNQOT
スポンサーサイト
Ombra mai fu
本朝から部屋に篭りっきりであり効率が上がるためにもクラシックを流しながら勉強している。

ブラック、レゲエ、テクノ、ポップ、色々な曲を聴いて学生時代は友達のDJとマイテープ(当時はCDとかMDとか無かったので)を作ったりしていたが、落ち着くところはクラシックらしい。中学1年生時代の僕が大好きだった担任の大山尚子先生が大のクラシック好きで当時では珍しかったDVD Playerを使って毎回音楽の時間はクラシック鑑賞みたいなもんだった。そんな事でクラシックが幼い頃からDNAににじみ込んでいる。

昔購入した”BEST CLASSIC 100
ベスト・クラシック100 ベスト・クラシック100
オムニバス(クラシック) (2005/04/13)
EMIミュージック・ジャパン

この商品の詳細を見る




非常にコストパフォーマンスがあると購入当時にもメディアが言っていたのを覚えている。

いつ聴いても好きな曲が、ヘンデルの歌劇"セルセ・クセルクセル"からの名曲 オンブラ・マイ・フである。

大学時代に葬儀屋の手伝いをしている時に葬式でよくかかっていた。なんとも重きのある何かを偲ばせてくれる良い曲だと思う。心が休まり、又、カリフォルニアの涼しい風になびいている僕の寮を囲むように茂っている緑にピッタリな気がする。

Ombra mai fu
di vegetabile,
cara ed amabile,
soave più

こんな木陰は 今まで決してなかった―
緑の木陰
親しく、そして愛らしい、
よりやさしい木陰は

URL: http://classic-midi.com/midi_player/classic/cla_Handel_Ombra.htm


初めての日曜日
昨日の夜はスタンフォード大学経営大学院のSloan Fellows昨年の卒業生と今年の学生のアンオフィシャルなパーティーに招待された。

主催者は昨年の卒業生でJetBlue AirwaysのMs.Bonny Warner Simi だ。年齢は僕より、多少、上だと思われる。このお姉さん、只者でない。いろいろと話をして知ったが、航空会社のパイロットでビジネススクールに来たいとの志にも驚いたが、ボブスレーのオリンピック選手でもある。パーティーの設営の手伝いをした為かバッチリと名前も覚えてもらい、彼女手作りの美味しいフローズンマルガリータを3杯ほど頂いた。

彼女の記事が見つかった(URL:http://cf.alpa.org/internet/alp/2001/oct01p24.htm)この頃はメディアにも頻繁に訪れているらしい。この大学に来て常に感じるが、国や世界を動かせると思わせる人がウヨウヨ居る。つまり、会話をしていても深いし余裕がある。

自分みたいなヒヨッコがこのような環境に来れたラックを無駄にしないように、僕としても何かしら貢献できる人間になろうと痛感する。

今回のパーティーは、"Potluck Party"と言って参加するメンバーがそれぞれ食べ物を持ちよる形式で色々な国の手料理が机の上を賑やかにした。今年5月のオリエンテーションであった同級生も続々とパーティーに参加して夜遅くまで飲んで語った。


本日は、パロアルトに到着して初めての日曜日。朝からクラシック音楽を流しながら、山ほどある宿題の一部である”EXCELの勉強"をしている。学校から与えられたExcel 2003の英語の教材を見ながら、自分のPCにインストールされているExcel 2007と比較しながらの学習なので骨が折れる作業だ。

しかも、今迄如何にExcelを知らなかったのかが明確である。香港駐在時代には投資プロジェクトで巨大プロジェクトの経済計算等をFinancial Advisorと共に動かしていたので全く余裕と思いきや大間違い。知らない事が多すぎる。GOAL SEAKやらSLOVERやら今後意思決定論や回帰分析をExcelを用いて行うために必要なToolが盛り沢山ある。なんともワクワクする。

しかし、Excelの学習に時間が取られて本日は部屋に篭りっきりだ。昼飯も簡単に部屋で済ませた。

本日もパロアルトは快晴。雲ひとつ無い青空と心地よい風が吹いている。19:00くらいになったら気分転換に隣町までサイクリングに行く予定。


copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。