STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
うれしいニュース
週末のスキー休暇を楽しむために、PCを持参しなかった。

本日の早朝に帰宅してからE-mailのボックスを開くと予想通り山のようにメールが溜まっている。殆どが勉強に関わるプロジェクト関連であり現実に戻される瞬間だった。但し、その中にうれしいニュースがあった。”パパになりました”との題名のメールである。

渡米前まで12年間働いた総合商社で、入社当時から、兄弟のように僕をかわいがってくれ、立派な(?)ビジネスマンに育ててくれた先輩からのメールだった。写真もしっかりと添付してくれたので先輩の喜んだ顔がしっかりと確認出来た。

先輩は仕事大好き人間だったので、結婚するタイミングは僕とほぼ同じだった。仕事の多忙さもあり子供に恵まれず真剣に悩んでいた時期も知っているだけに、"妊娠した”と昨年連絡をもらった際には自分のことのようにうれしかった。生まれた子供と一緒に喜んだ顔で写っている写真を見ていると昔の自分を思い出した。

僕は結婚して1年後に子供に恵まれた。立会い出産だったので新しい生命がこの世の中に生まれる瞬間を見ることが出来た。女性の産む苦しさは共有できないが、子供を育てる喜びは共有し、倍増できる。

子供が居る事で、自分自身が感情的に豊かになるし、親としての責任感も芽生え、社会人としてより大人の視点で物事を見ることが出来るようになった。又、かみさんとセットで、娘にとっての”両親”であるので色々と協調して計画したり決定することが多くなる。又、娘と時間を共にする事で、学ぶ事も多い。子供の創造力、記憶力、学習能力には脱帽である。僕も幼い頃は"好奇心”の塊であったが年を取るごとに物事の先が見える為か惰性が優先する。如何に自分に好奇心が欠けはじめているかをリマインドされる機会も多くあった。

先輩は仕事人間だが、きっと家族に割く時間が増えると思う。既に”K2を超えた親ばかぶり”と言われている。先輩らしくて笑えるが、うれしいニュースだ。
スポンサーサイト
便利な日本社会
本日月曜日が休暇ということもあり、クラスメートとスキーへ行った。

金曜日の授業、クラスディスカッションを18時30分に終えて、19時30分にスタンフォードを出発。途中での夕食も含めて7時間のドライブで宿舎に到着。土曜日、日曜日とスキーを楽しみ、日曜の夕方スキー場を出て本日の朝2時にスタンフォードに戻ってきた。総勢約90人と大企画となった。多忙な勉強生活の中、ホッと息をつける休暇になった。

日本のスキー場と比較するとスケールが大きく、自然をうまく使ってのスキー場である。今回訪れたSquaw Valleyスキー場は1960年代にオリンピックが開催されたらしく、値段も高く、スキー場の難易度もかなり高いと感じた。40度近い斜面が沢山有り、Extreme Skierにとっては笑みが止まらないスキー場である。

学生時代(アングラ)にスキーチームに所属して、且つ、志賀高原でインストラクターをしていたので雪への思い入れは深く、銀世界を見ると故郷に帰ってきたようにホッとする。2日目は僕がスキースクールを開催して同級生及びパートナーを含めて合計15名くらいにスキーを教えた。雪の無い国から来ている人も多いので慣れない器具を装着してのスキーは格別だった様だ。中・上級者にはワンポイント・レッスンをして、瞬間的にかなりのプログレスを生み、非常に (効率的に)喜んでもらった。アカデミックな分野で貢献できない分、かなりのギブが出来たこの機会は自分にとっても良い経験となった。

カリフォルニア州が日本の国土と同じ広さを持つ為か7時間ドライブしても隣の州まで到着しない国土の広さは驚きである。日本で同じ時間ドライブすれば関西、もしくはそれ以上の場所まで行けるはずだ。

かみさんと付き合い始めて去年までは年越しは必ずスキー場で過ごした。昨年と一昨年は娘を抱きながらスキーもした。飛行機で北海道の千歳空港まで移動し、シャトルバスに乗りスキー場に隣接する宿舎まで送ってもらう。荷物は宅急便で既に到着し、ほぼ手ぶらの状態でスキーを楽しむことが可能だ。

アメリカでは国土が広い為、日本と同じ様に飛行機や列車は網羅されておらず、"車社会”である。スキー場にせよ、観光地にせよ、殆どの人が、自家用車で移動する。高速道路は3~4車線あり快適なドライブであり、3時間連続で運転しても疲れを覚える事はない。荷物は全て車に積み、全ての工程は自らの運転で処理する。

今回のスキーを経験して、日本の便利さを再確認した。スキー場までのアクセス、宅急便の迅速さ、スキー場内での食事の豊富さ、どれをとってもアメリカ社会には無いサービスである。国土が狭い故に、又、忙しい生活の合間を縫ってのレジャーであるが故に、このようなサービスが利益を生むが故に、質の高いサービスが存在するのだと思う。

秋学期のオペーレーションの授業でセブンイレブンジャパンに関するケースを行なった。”新鮮”を気にする日本人ならではのビジネスプランの成功例として扱った。カルチャーの違い、食事に対する意識の違いがあるアメリカも含めて他国では同じように成功しないプランである。

今回のスキーで最も気になったのは”スキーウェアー”ビジネスである。僕は10年以上前に勝ったGOLDWINのウェアーを日本から持参して今回のスキー中に着ていたが、クラスメートのみならず知らない人からまで”とても目立つウェアーだね。とても素敵”との言葉をもらった。日本に居れば当たり前のようなウェアーであるが、確かにアメリカのスキーヤーは原色系のウェアーもしくは普段防寒具で着ている衣装である事に気付いた。

1990年前半のバブル期にはやった”私をスキーに連れて行って”の映画がスキーブームを起こしたが、日本のスキーウェアー産業の発展もその頃から続いているのであろう。目立つようにカラフルな蛍光系の色が使われ、誰もが普段の生活よりも派手なウェアーをスキー場でまとっている。

市場が違えば需要も違うが、マーケティングが市場の需要も変えるのだな、と色々な出来事を通して実感した。

国民休暇日のきっかけを作ってくれたMartin Luther King.Jrに感謝をして明日からの過酷な日々に備えようと思う。彼のように自分の夢に向かい多くの人に幸福を感じてもらえたらなんと素晴らしいか。。。

冬学期開始
冬学期が開始して2週間経過。しかし、年末・年始を家族と10日程フロリダ州のディズニーワールドで過ごしたが、遥か遠い記憶となっている。

毎日ケースを2~3つ読んでいるような過酷なリーディング量である。ネイティブでも根をあげている状況。学校ではネイティブだろうがノン・ネイティブだろうが差別は無いので意味の無い参照ではあるが。。。ケースは主にスタンフォードとハーバードのケースであるが、ハーバードのケースは文字が小さい。完成度は流石に高いが虫眼鏡が欲しくなるレベルである。

秋学期は、コア科目が3教科あり、選択科目は3つ取った。来年からスローンに入学する学生も、おそらく同じ教材で同じ教授だと思う。簡単に授業内容と僕なりの感想を書いてみます。


(コア科目)

Strategic Leadership Robert A Burgelman
インテルがDRAMビジネスに見切りをつけて、マイクロプロセッサーで成功するまでのプロセスを参照して如何にStrategic Leadershipが必要であるかを説く。Burgelman教授が書いている"Strategy is Destiny"Strategy is Destiny はコンサバな日本企業の経営部隊に是非とも読んでもらいたい。

Corporate Financehttp Joy Ishii
ごく一般的なコーポレートファイナンスである。Ishii教授がハーバードのPh.Dである為か、先日は、HBSのケース(ディズニーが発行した100年還付のSleeping Beauty Bondのケースが使われた。

Marketing Wasim Azhar
とにかく読み物が多い。マーケティング程知識を詰め込むが掴みどころの無い科目は無いのでは。。。と思う。但し、日本企業にマーケティング能力が更にあれば日本製品の世界的なポジショニングも変わる。日本経済を左右するスキルである事は確かである。単なる砂糖水を赤い缶に入れて凄まじいマーケティング力を持つコカ・コーラ、靴に空気袋をつけてロゴを入れるだけで高値で売れるナイキ、等を見ればアメリカのマーケティングの凄さは一目瞭然。是非とも何かしらTake Awayが欲しい。

(選択科目)
Entrepreneurship and Venture Capital John W Glynn
名物教授のグリンが教えるベンチャー関連授業。投資家として、企業家として、双方の視点が学べる授業であり人気も高い。

Technology Concept for Managers
名物教授であるJeff Mooreが教える授業。マネージャーとして持っておくべき基本的な技術知識を教え込む。分かっているようで全く分かっていない技術が簡単に分かる事が可能となる授業だ。

Energy and Earth
世界のエネルギーの現状、世の中に存在する物体のエネルギー密度等、多くのデーターを使いながら世の中にあるエネルギー量、消費されるエネルギー量、各国のエネルギー比較など非常に興味深い内容である。周囲は地球環境学部の学生ばかり。Across Street科目である。

明日も早起きでケースを読もうと思う。楽しみながら読もうと思う。

しかし、米国と米前に早稲田ビジネススクールの教授であり、スタンフォードGSBの先輩である杉浦さんが述べていた言葉が脳裏をよぎる。

"Business School is the place to learn how to drink water from water(fire) pump" 斜め読みでも駄目(内容が頭に入らない)、熟読でも駄目(授業までに読みきれない)おそらく人生で今後もこれ程恐ろしい量の書類を読む事はないだろう。用量は悪くない人間なのだが頭を使って試行錯誤で頑張って上記に対する回答を探してみようと思う。

STANFORD SLOAN DIARY
2008年がスタートした。

今年はネズミ年であり、自分としては”年男”である貴重な年である。昨年は”金の豚”年と非常に縁起が良く、自分にとって激動の1年だった。今年は更に自分を磨く為に、又、自分の次なるステップを決定する為に大切に1日1日を過ごせる1年にしようと思う。

さて、"思い出”は人それぞれ持っているが、思い出を鮮明に覚えている事は年を取るごとに正直少なくなってきた。但し、”ふっ”とした瞬間に思い出が鮮明に映像や音となり蘇る事がある。大抵の場合には、思い出の匂いを嗅いだ時、思い出の音楽が聞こえたとき、誰かと過去の話をしている時、等がトリガーとなって過去にタイムスリップすると思う。

最近の講演で”思い出は作ろうと思って作った方が、数倍思い出が出来るし楽しくなる”と行っている方が居た。又、年始の番組で有名なエジプト研究学者が”過去の歴史を知るなど用意周到で旅に出ると非常に深い思い出作りが出来る”と述べていた。

昨年5月から自分で企画していた"STANFORD SLOAN DIARY"プロジェクトを昨年末に立ち上げた。元々は昨年の夏くらいから立ち上げる予定であったが予定が大幅に狂った。

目的は、クラスメート達でブログを立ち上げてスタンフォードでの思い出を記録する事であるが、同時に、我々のプログラムに興味のある世界の人達への発信である。他のビジネススクールと比較すると我々のビジネススクールは発信が少ないと思う。日本語ブログも現状は数件のみである。今回のブログは英語のみである。

スローンの学生のみならずパートナーからも日記を受け取る予定である。これから約6ヶ月間、出来る限りアップし、素晴らしい資産の創造としたい。10年後に、このブログを訪れる際にどのような気持ちでブログを見るのだろう。。。

URL: Stanford Sloan Diary
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。