STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
グーグル Google 既存のビジネスを破壊する
ビジネススクールの必修科目の1つであるマクロ経済学(おそらくマイクロ経済学と共に学ぶ)は、世界の経済の流れを掴むのに役立つ学問である。

一見、机上の学問に感じるが、ビジネス界で実践を積んでいる人には違った視点で理解が出来ると感じている。

"規制の無い自由経済において、世の中は効率的な方向に動く"と授業の一番始めにFlanagan教授(URL:http://gsbapps.stanford.edu/facultybios/biomain.asp?id=07037724)が我々に述べたのを覚えている。

ケーススタディーやビジネス出版物を見ている内に、一見机上の話であると思われる経済学に沿って急速に世界が動いているとの理解が出来る。

世界のビジネス形態を抜本的に変えている企業は、間違いなくGoogleだと思う。非効率的なビジネスに風穴を開け、効率的な世の中を形成する。Googleニュースやキーワード広告によるビジネス成功例が燎原の火のように広がっている。

消費者にとって効率的であるべきなのに、そうなっていないビジネスが存在する。非効率な業界は効率化し、その為に職を失う人は必要とされる業界を活性化する。このような流動化は今後の日本でも重要となる。留学前に”流動化"の重要性は国際キリスト大学の田代教授から講義を受けた。

グーグルに関する知識を深めたい、もしくは、ネットビジネスに精通したい人にお勧めの本です。

グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する  文春新書 (501) グーグル―Google 既存のビジネスを破壊する 文春新書 (501)
佐々木 俊尚 (2006/04)
文藝春秋
この商品の詳細を見る



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。