STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ラブソングができるまで
ラブソングができるまで(出演 ヒュー・グラント ドリュー・バリモア) ラブソングができるまで(出演 ヒュー・グラント ドリュー・バリモア)
()


この商品の詳細を見る


ダメ男を演じるヒューグラント、自分の意思を貫き通すドリュー・バリモア。最高でした。恋も仕事も人と付き合うには、やはり、”Open someone's heart"なのだと再認識させられた。

不器用ながら自分の想いを恋した女性にぶつけ、2人が1つになり傑作を作り出す。微妙な感情の揺れや勘違いが溝を深める恋の怖さが感じられた。

しかし、ドリュー・バリモアを知ったのは小学校4年生の時にみたE.T.が始めだった。この映画で人気少女となったが為に、酒、コカイン、マリファナに走ったり、父や母に恵まれずに自殺を図ったりかなり大変な人生を送ったようだ。確かに、しばらく映画の画面から消えていた。

この映画は彼女無しでは語れないほど素晴らしい演技。ここまで来るのに相当な苦労をしたのだろう。

生憎、チャーリー・エンジェルズでは何も感じなかった。他のアクトレスの印象が強すぎるのでしょう(笑)

<2007 ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ヘイリー・ベネット>
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。