STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日本を創った12人
日本を創った12人 日本を創った12人
堺屋 太一 (2006/02)
PHP研究所

この商品の詳細を見る


なぜ殆どの日本人は特別な宗教を持たないのかに関する記述、日本型プロジェクト組成方法と封建制度の密接な関係の記述は目から鱗でした。かなり納得できる内容でした。

集団的経営が日本に広まった源は誰であるのか、終身雇用の日本型経営を広めた経営者 松下幸之助のすばらしさを再確認した。とにかく盛り沢山な内容で斜め読みが出来ず1週間程かけて読み終えた。戦後の日本を指導したマッカーサー元帥の見方が非常に変わった事も自分の糧となった。

読み終えて感じるのは、今の日本がおかれている状況をみると、今後日本語国際社会で生きていくには、更に新しい日本を創る必要性があることだ。

つい最近、驚いたニュースは、中国の上海・深川の両証券取引所の4月の合計売買代金は東京・大阪取引所の合計金額を上回ったニュース。確かに今年5月に中国株の下落が引き金となり、最終的に日本株も急落した。これはまさに日本市場の人気が落ちている象徴であり、国際社会の中で日本がパッシングされている証拠である。

日本経済は復活したのは確かであるが、今後、更なる経済発展を遂げる為には、今うかれずにどんどんと見直しをすることだと思う。日本の優秀な企業に出来て日本国に出来ないはずが無い。日本人は本来真面目で変体なのである。そう、日本国の”カイゼン”である。

30年後に是非とも同じタイトルの本を見たいものである。もし、そのような本が出版されていないとなれば日本経済、日本の世界の中でのポジションは好ましいものではないであろう。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。