STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ビックリ番号
(2007/03/19 22:29)
週末に一時帰国予定である事もあり、東京の旅行代理店に電話をした。どうやら、丸紅担当の人は忙しいらしく他の女性が応対をしてくれ、担当者からコールバックのメッセージを残す事にした。こちらの電話番号を聞かれたので

”国番号は。。。”と始めると、電話の向こうで ”えっ、ビックリ番号ですか??”と聞き返された。どうも通信状態が悪いらしく そう聞こえたようだ。確かに、今年の1月に起きた台湾での地震で日本と東南アジアを結ぶ電話回線にダメージがあり通信状態が悪くなっているらしい。混線も凄く、日本から駐在員に電話したら、全然知らない人が出た事もあった。最悪なのは、僕が出張中に東京のアシスタントが僕の海外用の携帯に電話したら若い女性が出たとかで、かなり、その後怪しまれた。。。

しかし、幾ら音声が悪くても”ビックリ番号”って聞き違えるのかなぁ~。発音的に”KUNI BANGOU” と ”BIKKURI BANGOU" 確かに後者の”BI ”を抜かせば似ているかもしれない。でも 僕が述べていない ”BI ”を聞き取った旅行代理店の人も相当な楽しいキャラなのかと想像した。

早く、色々な意味での”ビックリ”やら”ドッキリ” を無くす為にも、BRUTEL(ブルネイの電話会社)には、この問題を解決してもらいたいものです。。。。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。