STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
子供の教育
本日8月2日も多忙な日だった。

午前中は娘が通うプレスクールに動向。昼飯はトレーニングパートナーズの取締であり僕のカウンセラーであった木下さんと来年MBA希望のアプリカント3人で食事。午後は米国渡航の学生ビザのピックアップを行った。やっと発行された学生ビザ♪

しかし、疲れの為か電車の中では読書に集中できずに爆睡状態。亀有から都心は30分くらいなので丁度良い昼寝タイプである(笑)

アプリカントの方がGoodwill Groupの方でびっくり。会社立ち上げから在籍しているExective Officerの方である。来年から1年制の無事ネススクールのプログラムに絞って受験するとの事。スタンフォードのスローンプログラムも受験するらしい。3日連続でGoodwill Groupの方にお目にかかれた。何かの縁かも。。。(笑)


カウンセラーの木下さんから興味深い事を聞いた。

子供の教育も、僕らが立派な社会人になるのもそうだが、

1.自立
2.独立
3.許容

この3つのステップを順番に成長していく。僕が午前中に行ったプリスクールで教えている事は親からの自立である。僕が今からやろうとしているのは大きな組織からの自立である。

昔、小学生6年生の時に担任の飯田洋子先生から教わった言葉を思い出した。”鶏口となるも、牛後となるなかれ”である。確か史記からの言葉である。(英語では犬の頭になってもライオンのしっぽにはなるな、というらしい)

僕も今34歳。孔子が言うには”師曰く30にして立つ”である。孔子が過ごした時代の平均年齢と現在の長寿傾向を考えれば、そろそろ”立つ”もしくは”立たたねばらなぬ”年齢に来ている。

大企業も退職し、準備は整っている。まずは自立だ。そして、自分自身の独立記念日に向けてがんばろうと誓った1日だった。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。