STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
出発
いよいよ出発日が来た。この日が待ち遠しかったが、いざ当日となると”寂しさ”が僕をいじめる。

幼い頃から誰かが近くに居ないとだめね性分なので。。。正直、1人で旅行した事は自分の人生で数回しかない。目で見たこと、耳から聞いた事、口から食したもの、体全体で感じた事など、どうしてもすぐに誰かに伝えたいから いつも愛しい人が近くに居た。

結婚して家族の長となり、子供にも恵まれて楽しい家庭、今までと違った人生を歩んでいる。又、かみさんが開業医であるから日本から長期間離れる事は許されず、自分ひとりでの渡米となる。大企業との看板も捨てて、高給も捨てて、これからは裸で歩む事となる。

今迄も自分を勇気付けてくれた”ポジティブ・シンキング”と共に歩んでいこうと思う。ある意味、”裸”は”自由”でもある。束縛が少ない分自分の自由度は広がるし、故に色々な意味での可能性も無限に近くすることは可能である。

34歳は中堅層と言われるが、自分自身を見つめてもまだまだ若い。中国の思想家が言う ”30にして立つ”には多少年とっているが現在社会の環境や平均寿命が伸びている事を考えば 丁度良いタイミングであろう。

ビジネスマン(商人)として稼ぐものは稼ぎ、社会に身の回りのコミュニティーに貢献するようにしたい。又、元気の無い日本、将来が心配されている日本に”元気”を持ち帰る為にも色々と学び、感じ、考えるスタンフォードでの1年間としたい。

(これまた開業医の)義理の父親から携帯でたった今メールをもらった。”初志貫徹”とのメッセージだった。是非ともこの言葉と共に色々な困難と闘っていくこととしたい。

さて、飛行機の中で留学中にすることを3つに絞り、心地よい気持ちでパロアルトの生活を開始する事とする。

がんばるぞぉ~。

次回のブログはスタンフォード大学のあるパロアルトから。このブログを見てくれている皆さんの心に伝える何かが持てるように、(幾分か)内容も濃いものとしたい。乞うご期待!


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。