STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
楽しい金曜日
金曜日(9月7日)は楽しい2つのイベントがあった。

まずは"FRIDAY HAT DAY"だ。TEXAS INSTRUMENTSを辞職してスタンフォードに来ているアメリカ人(10年日本滞在、日本語ペラペラ)IRAが前日の木曜日に提案したもの。授業中も皆で帽子をかぶって楽しもうとの企画。教授も全く気にしていなかった。

帽子を忘れて紙バックをかぶったり、新聞紙で自前の帽子を作ったり、子供の幼稚園帽子をかぶったり、十人十色なアレンジだった。僕は一昨年にハワイで購入したTOMMY BAHAMAの"RELAX"帽子とアロハシャツで授業を受けた。

07092007248.jpg

07092007249.jpg



もう一つのイベントは同級生であるSERGIOの誕生会。SERGIOはメキシコのセメント大手セメックス(年間売上高は約230億ドルでセメント業界世界2位)から社費派遣の優秀男児。独身。32歳になった。

"サプライズ誕生会"だ。1時間目の授業が終了するなり"SLOAN LOUNGEに皆集合! SERGIOの誕生日を祝います”との掛け声。(一瞬)ケーキには見えないケーキが用意されておりSERGIOも大喜びだった。
 
自分が今迄持っていた色眼鏡が原因なのだろう。海外の人間は日本人と比較すると"ドライ"だと思っていた。だんだんと自分の"座標"としていた"偏見"というか”知識"が変化している。

ケーキの味は?アメリカ的なパンチの効いた甘いケーキだった。ケーキの味は日本のほうが繊細だが、クラスメートに対する気の配り方の繊細さは米国の勝利だった。

07092007250.jpg

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。