FC2ブログ
STANFORD GSB留学記
西海岸のエスタブリッシュメントの中で過ごし得る知見や身の回りで起こる出来事を読者と共有していきたい。授業内容、クラブ活動、シリコンバレーのコミュニティー、等盛り沢山の内容を掲載します。
エンデュアランス号漂流
エンデュアランス号漂流 (新潮文庫)エンデュアランス号漂流 (新潮文庫)
(2001/06)
アルフレッド ランシング

商品詳細を見る


445頁の長編だが、非常に読む価値の有る本であり、読み終えた時には過酷な旅を経験した気分になれ、中には非常にすっきりとなれる人も居ると思う。

人類初の南極大陸横断に挑戦するアイルランド人のシャクルトン船長を中心とした船員達の話。想像を絶する幾多の危険を乗り越えた真の探検家であり英雄達の話だ。南極探検だと、どうしてもアムンゼンやスコットが有名だが、シャクルトンが生きた1800年後半から1900年前半の利便性を考えると、評価されるべき業績なのだと思う。

死と対面しながら、生きて故郷に帰りたいと思う気持ちがシャクルトン船長を中心とした英雄達の活力となり、それ故に偉業を成し遂げる。

ビジネススクールでも推奨されている本だ。留学後、グループ・ワークとして行なったが危機的な状況下において限られたリソースの重要性のランク付け、そのリソースを使ってどのように生き延びる計画を立てるか、のシュミレーションをする。おそらく、この本はそのようなトレーニングにも役立つのだと思う。

高校生の時にボーイスカウトで雪山に登る機会が多かった。視界が悪く足場の悪い雪山を黙々とパーティーの仲間と登る。尾根を歩くときは強い吹雪が横から体を打ち付ける。何度も頭の中で温かいココアとか食べ物を想像したりするが、現実は視界の狭い雪山が周りにあるのみの極寒の世界。。。山小屋に到着した際に感じる”生きる喜び”や”文明の利器のありがたさ”は普段の生活では感じる事ができないものであり、変え難いものがあった。

おそらく南極大陸横断を20世紀前半に挑戦した人々の味わった苦労は、僕が経験した事とは比べ物にならないのだと思う。冒険心、リスクが有ることを知っていて敢えてそれに挑戦する。リスクが大きければ大きいほど学ぶ事も多いのだろう。又、逆に二度と立ち直れなくなる人間も出てくる。

エンデュアランス号の漂流とビジネスでの困難さは比較できるものではないが、おそらく共通するものを見出す人は多いのだと思う。
JUMPER
今学期から週末にクラスメートと集団で映画を観に行く企画があり、2週間に1回は参加している。週末の夜の9時~10時くらいから始まる映画を狙って観に行く。時間が遅いこともあり、映画館はガラガラである。クラスメート10人程がガラガラの映画館で横一列に並び2時間ばかり過ごす。お決まりのようにポップコーンをほおばりながら楽しむ。

2日前の土曜日は”JUMPER”を観に行った。少年がある日突然自分の才能、つまりテレポートが出来る才能に気付き、その才能により、怖いもの無しで何不自由無く暮らすのだが、政府の秘密機関が彼の正体を突き止め事態が一変する。。。のようなコンピューターグラフィックスを楽しむだけでストーリー性のあまり無い映画だった。勉強疲れの頭を冷やすのにピッタリの全く頭を使わないで楽しめる映画だった。(URL: JUMPER) 日本でも3月始めから公開されるらしい。上記サイトから予告編がみれます。予告編に渋谷と銀座の映像が出てきます。

しかし、この頃つくづく思うのだが、感動する映画、映画を観終わってからしばらくジーンとする映画が、最近(ここ数年)、全く無い気がする。自分自身が映画等のノンフィクションに慣れすぎたのか、人間としてさめているのか、もしくは映画業界自体に問題があるのか原因は不明だが。。。
老子の教え
僕が大学生(アングラ)時代だったと思うが、”清貧の思想”という本が大流行した。バブルがはじけた直後という事も有りタイミングがよかったのだろう。筆者は中野孝次さんだ。1994年に他界したが、上記の本が日本人に与えたインパクトは非常に大きかった。

昨日風呂に入りながら彼の”足るを知る”との本を読んだ。

財産・名声・地位などを求める欲が幸せになる邪魔をする。日本人が過去に大切にしていたが既に死んでしまっている言葉の中から筆者が最も大切だと考える”知足(ちそく)”と言う思想を紹介する。

大量生産・大量消費・大量廃棄による経済発展を終えて生活習慣や人間の精神を見直すべきだとの論調である。足ることを知りながら自由な精神でクラス生活や、信念を貫いて生きる人々をとおして考えさせられる本当の豊かさと幸福に触れる。めまぐくしく変化する現代社会におぼれないで、己をみつめて充実した豊かな生活を送ることを訴えている。



足るを知る  自足して生きる喜び (朝日文庫)足るを知る 自足して生きる喜び (朝日文庫)
(2004/07/10)
中野 孝次

商品詳細を見る


勉強(受験)でも仕事でも競争社会におり、常に勝つことだけを考えていた自分にとって、どこまでこの考えを許容できるかは非常に疑問であるが、おそらく許容範囲が狭かったら人間的には小さいのだろう。

”足るを知る”の本の中に老子の言葉が引用されていた。


人よりも遠くを見ようとつま先立ちする者は、しっかりと立っていられない。
人より速く行こうと大股で歩く者は、遠くまで歩けない。
自分で自分をひけらかす奴は、かえって光らない。
自分で自分を正しいとする奴は、かえって正しさが現れない。
自分でしたことを自慢する奴は、かえって信用されない。
自分で自分の才能を誇って尊大にかまえるような奴は、人の頭に離れない。
こういったことはどれでも、根本的な”道(タオ)”の目から見れば、
”余計な食い物、余計な振る舞い”であって、誰もがそれをにくむだろう。
だから ”道”に生きるものは、けっしてそんなまねはしないのだ。

(”老子”第22章)


非常に考えさせられる言葉である。
トヨタの上司は現場で何を伝えているのか
留学して授業や日々のディスカッションで多く出てくる日本企業と言えば間違いなく”トヨタ"である。”カイゼン”や”ケイレツ”は当たり前のように日本語が話せない学生でも知っている単語であり、アメリカの製造業者は積極的に”カイゼン”を取り入れている。日本経済や日本人学生に対する視線を強く感じない環境において、非常にうれしい瞬間である。

イギリスに留学中の友人AMOの勧めで昨年購入した本だが、トヨタの現場で飛び交っている"生きた言葉"の集大成である。作者は”仕事の名言集”として読むのでなく、この本に出てくる多くの名言を組み合わせて自分なりの仕事術をつくってもらいたい、と望んでいる。

トヨタの上司は現場で何を伝えているのか (PHP新書 450)トヨタの上司は現場で何を伝えているのか (PHP新書 450)
(2007/03/16)
若松 義人

商品詳細を見る


日本人の目から見て、トヨタが行なっている事は特別凄いのかと疑う。個人的な意見だが、日本人が当たり前のように高度急成長時代から行なってきた事を、トヨタは時代が変わろうとやり続けているだけなのではないか?と思う。海外から持ち込んだ中途半端な経営方法だの、評価システムだの、もしくは、部下を怒らない社風だの、日本の会社も大分変わったのだと思う。正直、僕が知っている仕事環境は12年足らずの歴史だが入社当時のピリピリ感は、いつの間にか消えていった。あのピリピリ感が懐かしい。

好景気で脇が甘くなっていると感じている人にはピッタリの本だと思う。

好景気は長く続かない。コツコツとやっている人は最後に笑う。日本の誇りであるトヨタに習い自分自身をカイゼンしてみようと思う。

copyright © 2005 STANFORD GSB留学記 all rights reserved.
Powered by FC2ブログ.